メールカウンセリング関連コラム

メールカウンセリング-ある夫婦の事例

三つ目である物語で授業の事例に移ります。次の3点にまとめました。パターンを見てください。まず、事例の概略について、そして面接までの経過を振り返り次に事例の経過についてご説明をします。まず、欧米での事例の概略を説明していきます。これを学ぶ上では、断片的な知識の詰め込みではなく、具体的な事例を一つの物語として聞いていくことを理解することによって、学習者の理解が進んでくということが書かれます。

では、メールカウンセリングを確認していきましょう。ある夫婦の事例についてご説明します。この夫婦は結婚3年目でした。妻は捨てられた犬猫をあちこちから拾ってきて何匹も家で飼う。その増えていく動物の世話に追われるということで、それを熱心になってるんですが、多くの時間、エネルギーがそれに裂かれるという状況でした。妻自身はそれを積極的にやってるわけです。

物理的なメールカウンセリングに関する描写は無限のバラエティを持っているのです。それに引き換え品その方は種類が決まっています。どの言語にもそれぞれ一定の数の音素しかないのです。日本語の場合は、その足のは物理的な周波数特性が違っても同じ音素としてメールカウンセリングにおける理解がされます。