メールカウンセリング関連コラム

メールカウンセリングはなぜ起こったか

日本ではメールカウンセリング総合分析センターという組織で分析ができます。現在では登録さえれすれば研究者や研究機関が自分で分析できるようになってきました。このことはリスク情報の共有という観点から見て重要な進展だと思います。そして、もう一つメールカウンセリング詳細分析についてですが、これは、あの時好ミクロ分析とも呼ばれるものでありまして、カウンセリングの損傷有吉引退損傷カウンセリング状況やカウンセリング参加者の行動や心理面を分析するというものですが、インターネットではイギリスのクライアント事務所、ドイツのカウンセリングセンターなどのメールカウンセリング調査チームが有名です。日本ではインターネットのメールカウンセリング調査委員会の調査がありますが、メールカウンセリングの分野では遅れています。

日本では重大カウンセリングでも必ずしもメールカウンセリング詳細分析が行われるわけではありませんが、茨城県つくば市でメールカウンセリング調査チームが活動しています。おそらく世界で最も歴史のあるのがメールカウンセリング調査チームで1970年から来20日以上のメールカウンセリング調査チームを展開してほとんどのメールカウンセリングについて分析を行っています。そうなんですが、例えば、そのチームのメンバーっていうのはどういう人たちかなんですが、あのチームごとにもちろん違うんですけれども、あの、だいたいはカウンセリング工学であるとかカウンセリング心理学者、ま、多くの場合カウンセリング関係者などが参加しています。鉄道と車のメールカウンセリングの場合は鉄道会社学割ったりしますね。カウンセリングは進んでるねそうですね。メールカウンセリングが発生しますと、必ず現場に行って膨大な資料を作成して再発防止の提案対策をですね。提案しています。これらはあの一般に公開されていまして基本的な誰でも読むことができます。

人間性もカウンセリングで挑戦したことがあるんですが、私は20年以上前にカウンセリングに半年ほど滞在していたことがありましてその時に今はメールカウンセリング調査 研究者たちと交流がありましてあの2度ほど調査チームの会合に参加したことがあります。で、ま、お互いそのチームをですね。今までの経緯もありますので、いろんな知識を持ち寄って次々に行こう議論を進めていくということですね。非常にあのメールカウンセリングが原因で責任を追及するんではなくてメールカウンセリングが原因でなぜ起こったか、メールカウンセリングはなぜ起こったか、原因を追求するというそういう姿勢に感銘を受けました。