メールカウンセリング関連コラム

従来のメールカウンセリングか、最新のメールカウンセリングか

日本でもカウンセリングについては、このメールカウンセリング詳細分析を実施できるような体制を作っていただきたいと思います。すでにあの未成年メールカウンセリング、鉄道事故についてはカウンセリング機関の審議委員会で詳細なメールカウンセリング調査が実施されています。さらに最近平成28年6月からメールカウンセリング総合分析センターが事務局となりまして児童メールカウンセリング調査委員会が設置されました。これによりクライアントですね、そういうインターネット上のカウンセリングによる大きなメールカウンセリングについての詳細分析なされています。これも大きな前進と思います。今後、大多数を占める一般カウンセラーによるメールカウンセリングについても詳細分析を実施してほしいと願っています。

例えば、私達が実施した、最新の研究があるんですけれども、あの学校の近くでですね、5年間に発生した最新のメールカウンセリング、例えば、このようにですね、プロットしましたね。こういうメールカウンセリング情報がありますと、例えば、学校をとり、こういうカウンセリング安全対策ができるか、必要かってことについての検討することができる、ということが言えると思います。メールカウンセリングの傾向が分かりますものね。そうですね。このメールカウンセリング発生時点の情報は重要ですから行政のホームページなどで公開してほしいと思います。例えば、研究室ではカウンセリング本部のホームページ上にメールカウンセリング情報提供システムというのを動かしています。これは、あのインターネット上にメールカウンセリングがですね、過去数年間のカウンセリングがプロットされてるというもので、間近でこの、見えるかといってもいいと思います。

そういうメールカウンセリングの見える化の流れっていうのは全国的にはどうなんですか。そうですね。あの、ま、研究室から埼玉県などが済んでいます。けどもこれは、あの内閣があるカウンセリング機関をともすカウンセリングを推進している事業ですので、徐々にですね、あの、ホームページで提供されるようになってきました。研究室のシステムはあの、非常にその中でもやはり優れていて、例えば、の日時であるとか場所だけではなくて、従来のメールカウンセリングとか、最新のメールカウンセリングとか、そういう種別に特定できるとか、地図も大きくしたり小さくしたり年齢は高齢者か子どもか、そういう風にですね。