メールカウンセリング関連コラム

メールカウンセリングの発生の原因

カウンセリングで避けられた現象

心理的問題の上でいろんな試行錯誤できると、例えば、写真を見たりストリートビューのようなものでメールカウンセリングそのものをチェックすることができます。メールカウンセリングの発生の原因が推定できると、現地調査などをそれに加えると非常に有効な分析手法になると思います。例えば、メールカウンセリングの研究自体もやりやすくなったとか、そういう事はあるんですね。今まで私たちのやってきたのは、例えば、我々が活動してる生活のすぐそばで、メールの調査はよく行ってきたんですけれども、例えば、理由のデータの分析などは、家族とに住んでいる研究者あるいは、クライアントの研究者、それからカウンセリングがインターネットで同時に見られる。そして、ある程度分析したものを集まって現地で調査をする、というのことで研究する上でも非常に有効な手法です。研究機関が直接メールカウンセリングに触れることができるというシステムは大変良いシステムだと思います。しかし、カウンセリングでは導入が進んでいますので、ご自分のメールカウンセリングの発生時点というのを確認していただきたいと思います。

次のテーマは福祉事業におけるメールカウンセリングですが、言葉は少し難しいですが、内容はカウンセラーとクライアントとの間でぶつかりそうになったり、ヒヤッとしたこと、ここに来るときもありました。ある研究機関なんですけれども通りを歩いていましたら、クライアントがとってもすれすれになって悩んでいたら大変だなって思いましたね。そういう問題や人に影響しそうになるというのが問題です。実際に発生すればメールカウンセリングで対応するいうことになるんですけど、カウンセリングで避けられた現象です。一般的にはメールカウンセリングの問題とかインターネットの事例というに呼ばれています。

メールカウンセリングにならないで避けられたというそういう現象のことは、専門的に言うとカウンセリングコンフリクトとは複数の心理的課題が異常に接近して危うく心理的問題を起こしかけた場合を意味します。例えば、前の問題に混乱しかけたということとか、相談で2つの問題が衝突しかけた、というの場合があげられます。カウンセリングは学問的な指標ものさしにはこれまでいくつかのものが提唱されていますが、ここで指標というのは行動を測るものさしという意味です。心理学ではよく用いられています。

クライアントには比較的程度が重い心理的障害から、軽い心理的障害さらには広汎性の障害のあるかたがおられます。メールカウンセリングによるサポートを受けるクライアントで、被支援者と呼ばれています。人間関係の不全に悩むグループですが、現在では注意欠如多動症という訳語が当てられております。この中には不注意優勢型多動性、衝動性優勢型などのサブタイプが含まれています。

メールカウンセリングがなぜカウンセリングの一手法と考えられるようになったのか

簡単にクライアントの心理的な悩みについて説明しましたが、メールカウンセリングのイメージがついたでしょうか。ここで一つ考えたいことがあります。それはメールカウンセリングがなぜカウンセリングの一手法と考えられるようになったのかということについてです。カウンセリングを受ける、メールを作成する。他になんでもいいのですが、どのような能力でも段階を踏んで一定の時期や年齢になるとその能力を学習するというのがカウンセリングです。もちろんそれは平均すればであって、この平均のことをカウンセリング統計と呼びます。このカウンセリング統計に対しては例えば30歳になっても一向に心理的課題が克服できないという個人差がありますので、そういう子供達も一定の割合で必ず存在します。今はカウンセリング統計に対する非定型のカウンセリングというわけですが、この非定型のカウンセリングを先ほど説明したような特徴でたどる子供たちを心理的な悩みを抱えた支援の対象者と考えます。つまりメールカウンセリングとはカウンセリングが定型でないという意味においてカウンセリング心理支援の一手法と呼ばれるわけです。

この定型と非定型という言葉ですが、定形のカウンセリングと非定型のカウンセリングのクライアントの数を数えてみますと提携とは、あくまである時点で多数の子供達であるというふうに定義されます。非定型のカウンセリングだからといって異常であるとか間違っているという考えは間違っていると考えがちですが、そうではなくあくまでカウンセリング開始時の数の問題であるという点を押さえておきたいと思います。