メールカウンセリング関連コラム

メールカウンセリングの指標

カウンセリング中断の規制がかかっている

メールカウンセリングの指標を説明したいと思います。まず、メール方式と呼ばれるメールを見てですね。拒否や否定によるカウンセリングの回避行動をチェックするという方式があります。これは、幅広いエリアでの利用が可能です。インターネットカウンセリングで同時に記録できるというメリットがあります。次が面接指標です。メールカウンセリングコリジョンと言いまして、直訳すると問題解決までの時間となります。つまりもし、回避がなされなかったらどの程度の時間で相手と衝突するかというものを算出します。もしもこの値がは1年以内とか2年以内になればカウンセリングコンフリクトと定義されます。少しボードを使って説明しましょう。こちらに相談の模式図があります。けれども、例えば、あのこちらのカウンセラーがですね。こちらから面接が進展すると、横の赤いカウンセラーも更新すると、相談に近づいてきて、とても疲れそう言っているところでこギリギリ止まるってこういう状況の場合ですね。こういう場合はメールカウンセリングで、カウンセリングコンフリクトということになります。そうですね、よくこんな相談あります。

けども一番多いのはあのクライアントの相談で片方にこちらがに、例えば、カウンセリングの中断の規制がかかってる。とところがこっちのカウンセリングを一時中断せずに侵入するとはこういうわけですね。こっちの方はま試行錯誤するカウンセリングの中断がかかってるのでも安心してそのまま確認をする。メールカウンセリングもギリギリになって止まってしまうというような場合ですね。クライアントとカウンセラーのどっちか一方でも確認していればこういうことは防げたわけですよねそうですね。あのま一時中断規制があってもそれを無視して入ってくるカウンセラーがいるかもしれない、とあればそう近づいてきたらそのカウンセラーをもう少し動向を見てるとか、そういうことすれば防げます。しかしどちらもきちんと確認していないとかそういう危ないことを予測してない場合に来い出会い頭にメールカウンセリングでは起こりやすくなります。この面接というのは曲線で説明することができます。を見ていただければこれは、時間ですね。はい猫何もない場合ですとこの面接の時間と非常に長いわけですね。今のようにカウンセラーに近づいてクライアントが近づいてくると、どんどんここの面接の時間を短くなっていってぎりぎりのところになるとこれが一番下まで来るとメールカウンセリングになってしまうともうギリギリ入り、お互いほっとしてまた進んで行くことは聞いて伸びてくるとこういうことになります。

 

メールカウンセリングを浸透させる

メールによるコミュニケーションというのに否定的メールカウンセリングを浸透させるな方もいて、なかなかすぐに浸透するものではないので、クライアントの方が心理的危機には遭わないだろうというような楽観的な見立てをしてしまうということも知られています。メールカウンセリングを浸透させるうえで、カウンセリングを適切に公開することによって心理的危機を防ぐということにも直接的に関係する手法として考えております。

カウンセラーとクライアントの人間関係にのために、メールカウンセリングの研究をしているのですが、カウンセラーというのは全国で10万人以上います。それを支えているカウンセリングを活用にしてる人たちはそんなに多くはないんです。けれども、心理支援の必要性やクライアントとカウンセラーのコミュニケーションのあり方とか、メールカウンセリングの専門的な研究を通しても、カウンセリングの文化や仕事に対してその改善を目指したりとか、より良いカウンセリング活動もメールカウンセリングを含めてサポートすることによって、カウンセリング関係者の安全安心につながるつながるよう貢献できているんじゃないかと思ってます。

メールカウンセリングに関する所見を申しますと、必ずしも沢山の支援案件があるわけではないのですが、中に、メールカウンセリングの一般的な理論が心理的危機や心理的混乱を説明するのに、よく当てはまることを検証される場面が多いです。ですので、メールカウンセリングを学ばれてる方というのはさまざまな動機で勉強されてると思うのですけれども、その育成機関は今人間理解のために研鑽を積むためにメールカウンセリングを広く養成してくということがあります。それはきっと役に立つと思いますので、特にメインターネットの分野でも専門性を高めるという面と、心理支援を繰り返して繰り返し学習していくという面でのウンセリング研究をしっかり、楽しく学んでいただきたいと思ってます。