メールカウンセリング関連コラム

家に居ながらメールカウンセリング

カウンセリングを受けようと考えた場合は、対面式のカウンセリングを受けに行く方法もありますが、それ以外にもメールカウンセリングを受ける方法もあります。対面式のカウンセリングだと、話すのが苦手な人は、せっかく悩みを相談できる機会なのに十分な相談ができない場合があります。

しかしメールカウンセリングなら、文字だけのやり取りになるので、面と向かって話すことが苦手でも、気兼ねなく相談をすることができます。カウンセリングを受けていることを誰にも知られたくない場合も、メールカウンセリングを利用することが最適です。家の中に居ながらでもメールで相談をすることができるので、カウンセリングを受けに行く時と違い、知っている人に会ってしまうこともないです。そしてメールカウンセリングなら、相談した内容なども記録に残しておくことが簡単にできるので、自分の相談内容や相談した時に何を感じたかなどを記録しておけば、今後の人生の役に立てることもできます。
メールカウンセリングは重大な悩みでなくても、少し話を聞いてほしいぐらいのレベルでも、親身になって相談に乗ってくれるので、張りつめた気持ちでなく、気軽に相談をすることができます。


メールカウンセリング認証がどのように分析されているかについて説明します。まずはメールカウンセリング分析の手法についてですが、あの、よくインターネットなどでメールカウンセリングが増えているとか減ってるとかそういうのが出てきます。けれどもそういうことなんでしょうか。基本的には同じですけれども、データの量が多いので様々な形で提供されていますね。また、あの、自分で研究者がですね。自分で集計するというような場合もあります。メールカウンセリング分析は通常のカウンセリング統計分析とカウンセリング詳細分析に大別されます。

はい、メールカウンセリング統計分析には、あの、カウンセリング統計という、もとの形になってるものがありまして、これを集約型カウンセリングデータベースと呼ぶことがあります。常に集計された図表に基づいてカウンセリング類型や推移を調べるものです。もう一つが集約型カウンセリングデータベースと呼ばれるもので、メールカウンセリングごとにカウンセリング原票のようなデータ項目が新しいタイプのカウンセリングデータベースに入っていて、クライアントや行政機関が自由に項目を設定して検索し集約します。


悩み事や相談したいことがあるときに、周囲に適切な相談相手がいないということは少なからずあることです。そういった場合欧米では当たり前のようにあるカウンセリングを訪れる風習があります。日本においてもじわじわとカウンセリングが浸透してきており、利用者が増えてきています。カウンセリングを利用したいと考えている人のなかでも、時間的にカウンセリングを訪れる暇がなかったり、どこにあるのかわからなかったりする人に利用されているのがメールカウンセリングです。

相談者の抱えている問題や悩みに大して専門的な技術をもったカウンセラーによって相談援助が行なわれています。メールができる環境がそろっていたらいつでも相談をすることができます。料金はメールの往復で設定されている場合がほとんどで、初めての人などはお試し価格などを設定されている場合もあります。一人で悩みを抱え込むことはよくなく、近しい人はそれだけ相談しにくいこともあります。

カウンセリングのプロによる客観的な視点からの意見やアドバイスを受けることができるので、メールカウンセリングの利用者が増えてきています。インターネット社会になって久しい現在、メールというツールは誰でも気軽に利用するようになり、それによってカウンセリングできることが指示されています。