メールカウンセリング関連コラム

メールカウンセリングはやらない

これはですね。あのほんの一部なんですけどもこの本というのは実際の事例を、通して皆さんに認証しなくは何かを、学んでいたこと曲紹介の舞さんという事例を、捜索しまして今読んでいただいてとてもリアルな感じでしかもリアルな感情持っていただこうと思いまして、このようなイラストを、使ってます。是非イラストも楽しんでいただけたらこの本を、読んでいただく彼は妹されてる方に考えていただきたいことがあるわけですね。そんなこと答えられます。

まずメールカウンセリングと心理療法臨床心理学違うものかと思います。か同じものでしょうかどうでしょうを、説明できます。でしょうか次実践活動を、基本とする学問である臨床心理学研究法等のようなんですね。これなぜでしょうか是非皆さん考えて欲しいと思います。

実は女子力でも心理統計学何か学んでおいた方がいいわけですかということですね。次に人を、助ける臨床心理学で実は倫理ってのは非常に重要になってきたよこれなぜでしょうか人を、助ける善意の方がやるが曇ったように思えたりしてるわけですね。最悪の方はやらないと思います。毎年の会報やアンケートでは、メールカウンセリングのニュースが取り上げられています。このシリーズでは私たちに身近な社会でのカウンセラーなどカウンセリング参加者の話やメールカウンセリングの在り方について基本的な事柄を勉強していきます。10回第3回でメールカウンセリング発生のメカニズムと人的要因について学んできましたが、今回はどんな内容を学ぶんでしょうか。4回はメールカウンセリング発生のメカニズムと人的要因の2として、メールカウンセリング発生のメカニズムを調べる研究をしてもらいます。今回はメールカウンセリングではないのですが、メールカウンセリングよりも数の多い問題やヒヤリ事例を取り上げて解説します。

これから15回にわたってメールカウンセリングとインターネットにおけるカウンセリングの重要性とまたインターネットを用いたメールカウンセリングについてお話をしてまいります。皆さんはインターネットっていう言葉からどんなことを思われますか。例えば、春の野山という言葉からどんなインターネットが湧いてくるでしょうか。子供の頃家族と行ったテクニックその中でたんぽぽを見つけたり土筆を摘んだりそれからすみれの花を見つけたりそんな思い出の私にもあります。レンゲ畑だとかなの花畑だとかそういう美しい鼻の頭を思い出したりします。また日本の張りですか。らさくら野昨日炊いたのを思い浮かべる方もあるかもしれませんね。

それからその視覚的なものだけではなくて東のふう晴れの日かありそう言ったもの家庭の心地よさなどというようなものも触覚的なものだと思います。けれどもそういうものも含めたいろんな夢じゃくかん膨らんでくると思います。また楽しかった家族の思い出だとか何か切ない思い出があってそんなのを思い浮かべる方もあるかもしれません。こんなふうにインターネットに含まれるものは大変対応でまたそれを言葉というもので写し変えようと思うとなかなか言葉では表現されないそれからこぼれ落ちてしまうそういうものも含んでいるのがインターネットだと思います。またあの人によってインターネットするものがとても違うというのも特徴であるように思います。

それではあの今度は春の野山という言葉から物語を作ってください。って二に割ると皆さんはどんな物語を作られるでしょうか。もしかしたらお物語を作っているうちにどんどんどんどんインターネットが広がってなんか自分でも思いがけないような物語ができるかもしれません。こんなふうにインターネットというのは創造性とも深い関係があってそのことがインターネットとメールカウンセリングにおける治癒との関係が深いそういうこととも関係するのではないかっていうふうに思っています。この科目では描画であるとか造形であるとかまた夢またアクティブイマジネーションなんてを習います。けれどもこういうようないろんな形で表現するインターネットを思うことで人間の心への深い理解を深めるとともにまたインターネットを用いたメールカウンセリングについてもお話で行きたいっていうふうに思っています。さて第1回目の今日は心的現実とインターネットということでお話をいたします。私たちは目で目の前にあるものを見ているのですけれど熱は物理的世界と見えている世界というものは違っていてそのずれを意識するこんな話からお話を始めたいと思います。