トップページメールカウンセリング画像

ハート・ネット・カウンセリングへようこそ

ひとりでは決して生きてゆけないわたしたちにとって、家族、同僚、恋人などとの人間関係は、人生の豊かさにつながる かけがえのない財産です。

しかし そんな人間関係も、悩みや失意、時には耐え難い苦しみになります。

思いどおりにならない どうしようもなさを、どう生きていけばよいのでしょうか?
そんなときは、どうぞ、おことばをお寄せください。 どうしようもなさを声に文字にしてみてください。

見知らぬ相手に こころを打ち明けるのに、ためらいがありますか?
だいじょうぶです。 カウンセラーは誠実に耳を傾ける義務と、厳しい守秘義務を負っています。決めつけるような態度や、評価的な態度は厳に慎みます。

うまく相談できるか心配ですか?
だいじょうぶです。 まとめられた内容でなくても 整理された内容でなくてもかまいません。 ほんとうに言いたいことを すべてはじめから訂正なく理路整然と言える人などいません。


もしいま、あなたが苦しい状況にあったとしても、その苦しみが無駄にならず、よりあなたらしく生きてゆける糧とできますことを願い最善を尽くすことをお約束します。

ことばにまかせて ことばのままに お寄せください。



ハート・ネット・カウンセリング
代表 山田 哲矢


メールカウンセリングの約束

カウンセリングを少しでも不安なく受けられるよう、ハート・ネット・カウンセリングでは次のことを約束します。

あなたの尊厳と人権を尊重します
あなたが、自分の悩みや苦しみから目を背けず、謙虚に向き合う態度に敬意を示します。差別したり見下したりするような態度は決して取りません。

守秘義務を厳守します
あなたの氏名をはじめとする個人情報、相談内容は決して口外しません。(ただし、自殺や犯罪が極めて強く懸念され、緊急事態と判断される場合は、その限りではありません。)

友好的で共感的な雰囲気をを心がけます
あなたと向き合う関係よりも肩を並べる関係を目指し、できる限りあなたの目線に、あなたの身になれるよう心がけます。

どんな内容にも真摯に耳を傾け、誠実に対応します メールカウンセリングの約束
いただいたメールは直ちにお読みし、お返事の前にお読みし、お返事の最中にお読みし、お返事を送る際にお読みします。返信メールも、書いたらすぐに送るのではなく、期日まで見直し続けます。

評価的な態度や審判的な態度はとりません
あなたに対して、社会通念やカウンセラーの価値観をあてがったり、決めつけるような態度をとったり、上から目線の態度をとったりしません。

正直に接します
耳障りのいいことや当たり障りのないことばかり言わず、私どもの思いを率直にお伝えします。

商取引上の約束こどや常識を守り、誠意をもって対応します。
信義誠実の原則を守ります


[カウンセリング規約]に、さらにご案内がございます。どうぞ、安心してメールをお寄せください。


メールカウンセリングの流れ

メールを送って送金するだけ。シンプルです。

①.[相談メール]をお送りください。(受付完了メールが届きます)



②.[料金]をお送りください。(すでに納金がある場合は不要です)



③.お返事メールが届きます。(三営業日以内にお届けします)


これでおしまい!簡単です。

どうぞ、[相談メール] をお寄せください。


ページのトップへ戻る